日記

2016年05月17日

スポンサードリンク
こちらに移転しております。

http://www.tokyo-yoganews.com/

よろしくお願いいたします。



コメント(0)トラックバック(0)│ 

2010年07月16日

遅くなりましたが、ブログ再移転のお知らせです。
この「東京ヨガニュースBlog(旧)」は、ドリコムブログでオープンしたのですが、
ななんと、ドリコムブログがサービス終了になっちゃいまして・・・。
ライブドアに移転しました。

ということで、超久しぶりの更新です。

お元気ですか? わたしは元気です(by 魔女の宅急便)。
ちなみに、今日は「ハウル」です。
子どもと観ようと思ってたら、夕食食べたら寝ちゃいました。
ミラクル! 仕事ができるわ。

相変わらず、そんな日常を送っております。


それではまたー!



のび


コメント(0)トラックバック(0)│ 

2006年05月08日

いま、yogainfo.jpプチリニューアル計画を進めています。
まずは、「レストランガイド」から。

気づいてはいたんですが、いまのって、目的のお店を探しにくいんですよねー。

ということで。
とりあえず、「料理の種類別」に分けるんですが、
さらにエリアで分けなきゃダメですよね。

ただ、ほとんどのお店って、「東京」と「関東地方」と
「関西地方」に集中してるんですよね。
だから、他の地域って、わざわざ県別にするまでもないなあと思っていたのです。


そこで・・・。
もしかしたら、少し見づらくなるかも、なのですが、
県まで分けないで、「○○地方」までにしようかなと思ってます。

ただ、東京はお店の数も多いし、それじゃわたしが使いにくいので、
「東京都」は、5~6個のエリアに分けようと思ってます。

どうでしょうか~?


あ、東京を分けるときって、どういう風にすればいいですかー?
方向もろくにわからないわたしには、どこで分ければいいのかさっぱり。
正直、うちの近所のことしかわからないです。


でも「23区」と「東京都下」じゃ、大きすぎでしょ?
「東京西部」「東京東部」「多摩南部」「多摩北部」「多摩西部」

これくらい? ざっくりしすぎ?


「ターミナル駅で分ける」っていう案もあったんですが、
駅の振り分けができないから、ちょっと難しい・・・。


いや、根本的な問題があるのはわかってるんです。
MTだけじゃ、無理があるんですよね。

お金ができたらデータベース化します。

関東地方と関西地方をどうしようかなあ・・・。


ではでは、ご意見お待ちしております。



コメント(0)トラックバック(0)│ 

2006年05月06日

中目黒にオーガニック野菜を使ったケーキ店がオープン。
スイーツが食べたくても乳製品がだめだったり、白砂糖が使ってあるものは避けたいとなると、外で食べることが難しくなって来ますが、ここならたぶん大丈夫。

「パティスリー・ポタジエ」はかぼちゃや豆、トマトなどを使ったスイーツを扱う専門店。
元々、栃木県でベジタリアンレストランを運営している会社が出したお店ということで、安心して利用できそうです。


kabo.jpg

かぼちゃのロールケーキ! 人気商品だそうです。おいしそ~


potajie.jpg

パティスリー・ポタジエ

コメント(0)トラックバック(0)│ 

2006年04月24日

ヨガをやってる人の間で話題になってた
「マスタークレンズ」に挑戦するつもりです。


これはですね、朝、塩水を飲んで腸洗浄をするのと、1日中レモネードを飲み続けるという、「腸のクレンズ」を目的にしたファスティングです。

で、このレモネードにはメープルシロップを使うんですがカナダのメーカーで、マスタークレンズ専用のメープルシロップを販売しているところがあるんです。

これをお取り寄せしようかなと。


マスタークレンズの説明会を兼ねて、ワークショップを開こうかと思っているんですが、来たい方いますか?


マスタークレンズについての説明と、レモネードの作り方、マスタークレンズ中の過ごし方とか注意点について経験者の話を聞く。

レモネード作りが出来るかどうかは、場所によります。
あと、作ると持って帰るのが重いし・・・。

参加者の方には、サンプルのメープルシロップを1つ用意します。
(1個で、だいたい1日分。いっぱいいるのよ~)

参加を希望される方は、
件名を「マスタークレンズWS」としてこちらまでメールをお送りください。
 → nobby_tm@hotmail.com


メープルシロップの取り寄せに、少し時間がかかるので、今日(4/24)でいったん締め切ります。

ワークショップの開催は、GW中かGW後くらいです。
タイミング悪くてごめんなさい!


だいたい2時間くらいで、参加費は2,500円。
その後マスタークレンズを実行するなら、みんなで励ましあいましょう(笑)。

コメント(1)トラックバック(0)│ 

おすすめ



棗田三奈子の『動きの文法 胴体トレーニング』 ~可動域を極限まで広げる方法~
最新コメント
プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ